フィード 業界知識

内装業はサービス業

株式会社ベイシススペースデザイン

内装

 “内装業はサービス業”

この言葉は、私が新入社員として内装工事の会社に入社してから3年ほど経った頃、先輩から教えられた言葉です。
それまで、現場監理や営業として設計図通りに施工していくことを第一に仕事をしていた私にとって、その意味を教えられた時はとても衝撃的で、設計を担当することもある現在もとても大切にしている言葉です。

サービス業とはどういうことか

「内装業はサービス業」とはどういう意味なのか。
内装工事とは言わずもがな建設・建築業であり、たくさんの職人さん達ともに工事現場で働く仕事です。
産業の中で分類すると建設業は第2次産業、サービス業は第3次産業に入ります。

建設業はどっからどう見てもバリバリのガテン系のイメージの仕事です。

しかし、ご依頼いただいた工事をする際に、クライアントのイメージしているお店をどう造ろうか、どのようなレイアウトにすれば実際そこで働く人の使い勝手が良いのかなどを考えて設計をする必要があります。また、現場監理をしていく場合でも、図面の通りで本当に良いのか?もう少しこうした方が使いやすいのではないか?と考える必要があります。

このような点では、お客様に美味しい食事を提供するシェフのようでもあり、リノベーションやリフォームなどをする場合は現状の悪い部分や改善したい部分を綺麗になおすので医療やクリーニングの仕事のようです。つまり、良いものを提供する・快適さを提供するサービス業だ、ということです。

そして、クライアントが何を求めているか、どのような使い方がしたいのかを知るためには、いろんな角度から提案やアドバイスをして行きます。

このような点では、お客さんに似合う洋服やアクセサリーを提案するアパレルの仕事に似ている部分もあり、クライアントと会話しながら進めていく接客業でもある、と教えられました。

内装業の立ち位置

私たち内装工事の仕事は壁や床、天井を造り、壁紙を貼ったり塗装をしたりして、家具を据え付けて店舗を造る仕事です。

カタチとして目に見えるものを取り上げると確かにそうなのですが、内装工事が完了した瞬間に店舗という「空間」を造り上げることとなります。
壁や天井に囲まれた目に見えない“何か”を含めた空間です。空間は大半がその“何か”でできています。
その”何か”を含めた空間を演出することが内装工事だと考えています。

いかにクライアントのイメージに沿った、またはそれを超える演出ができるかを考えることが、先輩が教えてくれた「内装業はサービス業」という言葉に集約されているのだと思っています。

0